スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pixiv に登録してみるの巻

 pixiv に登録してみるの巻 [Net-Service ]



.

お絵描きさん専用のSNS、pixiv に登録してみました。一言で言うとmixiよりもflickrに近い感じ。

実際、「絵だけ見てくれれば良い」って人に向けた作りで、

・足跡機能無し
・自分の絵に本人はコメントをつけれない→ 拍手機能に近い感じ?
・自分用の掲示板も投稿できるユーザーのタイプが選べる
・ヘルプでマイピク(=マイミク)は、知らない人からの承認は受け付けないのを推奨してる

などなど、基本的にはドライな仕様で、絵を描く(発表)することに集中できるような作りでありながら、その気になれば深くつっこんだ使い方もできるようです。

しかし、基本的にはお絵描きさん専用。各自ホームページやブログを所有しているので、ここは発表の場として割り切った雰囲気です。

2007年09月21日深夜の段階で取ったアカウントが5400番台。1日だいたい1000人くらいのユーザーが登録しているようで、画像数も1万枚を超えたらしく、SNSとしては良い出だしではないのでしょうか? (サーファーズ・パラダイスはどのくらいなんだろ?)


↑クリックでpixivに移動(新しいウィンド開く)

トップページから「新規登録」をします。メールアドレスとIDを入力して(後から変更できます)送信。 返信メールに表示されたURLをクリックして本登録。いたって普通の登録方式です。

トップページの画面
■トップページ画面(クリックすると大きい画像が)

モザイクのかかった画像でスマン。とりあえず左上に自分のサムネイル画像(8MB以内:サイズ170x170pix)。自分を表すサムネイル画像は、3枚くらい上げれるのはmixiと同じ感じ。

リンクは全て緑色の文字。中央の画像は書いてあるように「最近投稿された絵」です。

ファイルのアップロード画面
■ファイルのアップロード画面

最大6枚の絵を同時にアップロードできます。しかし、「最近投稿された絵」の場所が一気に埋まり、すぐに流されてしまうので、感覚を置いて一枚一枚上げた方が良いかもしれません。

「情報入力画面」を押すとアップロードされるのですが、そのとき一緒にタグを設定します。(後から追加もできます)


イラストの確認
■イラストの確認

モザイクばかりで申し訳ないですが、これがギャラリーです。3枚のイラストがアップロードされてます。左側下段がタグ一覧ですね。


作品のページ
■作品のページ

見てくれた人の数や、この絵の点数を投票してくれると、マークが表示されます。
画面には映っていませんが、下の方には見てくれた人からいただいたコメントが、ボタンで表示されるようになっています。

お気に入りイラスト
■お気に入りイラスト

他の人の気に入ったイラストをお気に入りに登録できます。この辺はdeviantARTと同じですね。 とりあえずコメントをいただいた人の作品をお礼に登録してみたり。

このお気に入りがたまってくると、気に入った絵の人のお気に入りから、また次の人へと効率良く移動できるようになると思います。

ピクシブ掲示板
■ピクシブ掲示板

自分専用の掲示板です。画面に書いてあるように、3タイプから書き込みを制御できます。

受信メッセージ
■受信メッセージ

pixiv内でのメールですね。マイピクのやり取りなどに使うようです。

プロフィール確認
■プロフィール確認

プロフィール欄です。基本的に自分のサイトがあるので簡単な作りになってます。

設定変更
■設定変更

メアドとかパスワードの変更場所です。

人気のあるタグ
■人気のあるタグ

どの画面でも、常に右上にある人気のあるタグをクリックすると表示されます。ここから色々な作品の欄に行くことが多いです。

ランダムピックアップ
■ランダムピックアップ

ランダムに作品が表示される機能もあります。当然、普通の文字検索も使えます。

ユーザーの検索
■ユーザーの検索

ニックネームや性別などで検索もできます。私は一生使わなそう・・・

モザイクだらけのカオスな説明ですが、だいたいこれが全てです。ただ、毎日のように新しい機能が搭載されているので、これから先どうなるかわ解りません。個人的にはflickrと同じような使いやすさが良いのですが、もし足跡機能がついたら即退会(泣) mixiも何年か前にやりましたが、どうも性に合わないようで。。。



スポンサーサイト

TRACKBACK http://netzaurus.blog69.fc2.com/tb.php/740-6d8108e5

 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。